過払い金の返済請求ナビ

banner

過払い金の返還請求ができる時代

利息制限法が改正されて、過払い金の返還請求ができる時代になった。
 法律を知らないと損をする事は多いのではないでしょうか?
借金とは話は別ですが、役所関係の事にしても、情報に詳しい人は役所に申し立てをしたり、
税金面なども免除されるケースがあります。しかし、情報を知らない人は、本来受けられるべき恩恵を見逃す事があるようです。
何だか、「情報を知っている人だけ手続に来ればいい」的なところが感じられませんか?
実は、利息制限法についても同じような事が言える時代があったのです。
昭和29年に制定された利息制限法は、本来、元金の額に相応しい金利を適用する法律でありながら、
悪い意味で柔軟性があったようだ。つまり、元金に対してこれだけの金利であると言う事が、絶対的ではなかったのです。
消費者金融側が高い金利を提示してきた場合、「その金利でも借りたい」と言えば、それは借りた側の責任だったのです。
では、なぜ消費者金融側は利息制限法に乗っ取らなかったのか?と言うと、出資法と言うのがあったからです。
金利で儲ける消費者金融は、この出資法を上手く利用して、消費者に高い金利で貸していたと言うわけです。
しかも、債務者の為にできたはずである利息制限法に記載されている文言には、
高い金利だと思っても、任意で支払った場合は、債務者は金利の差額を返還請求できないと書いてあったのです。
消費者金融は出資法を守っている為、法に問われない。債務者は泣き寝入り状態だったと言う事です。
この状態が、社会問題となり、昭和39年に利息制限法を強化した結果、
過払い金は現金として手元に戻る訳ではなかったのです。残っている借金の元金に投入できると言う程度でした。
法律的には、まだ、過払い金の返還請求できないと言う点は同じだったのです。
その後、平成になってから、利息制限法は積極的に負債者を救おうと言う、効果的な法律に変わったのです。
それは、利息制限法にある、過払い金の返還請求はできないと言う条件を削除したからです。
これによって、過払い金の返還請求が可能となったのです。
今も尚、払い過ぎた過払い金を巡って、返還請求の手続きを行っている人がいるでしょう。
知っている人は知っている。知らない人は、返還請求もせず、泣き寝入りをしているかも知れませんよ。
負債を抱えているなら、是非、見直してみる価値はあると思います。もしかすると、お金が戻って来るかも知れないのですから。
利息制限法の事を知らない人には、説明会などを開催した方が良いのではないかな?と個人的に思ってしまいます。

出資法は何故必要なのか?

 金利の上限がないと言うのは話になりません。借りる側に不利になるのは決まりきっているからです。
その為に法律があるのですが、さて、利息制限法は借金をする人の為になっていたのでしょうか?
単純に、利息制限法だけなら、金利の上限が決まっているので、法律にのっとって利息を支払えば良かったのでしょう。
ところが、おかしな事に出資法と言うのがあるのです。もちろん、出資法にも金利の上限はあります。
わざわざ、2種類の法律を作らなくても良いものを・・と疑問に思うのですが、なかなか自分の中で消化しきれない問題なのです。
何故なら、出資法の金利の上限が、利息制限法の金利の上限よりも高いのですよ。
お金を借りる側には、とても不利な訳です。逆に金融業者は、出資法を盾にしてお金を貸すのです。
利息が高い方が儲かるからです。どちらの法律を選んでも良いと言う事自体が、そもそも人々を苦しめていたようです。

利息制限法だけでいいじゃないの?

金融業者が出資法を好んで適用していた理由は、金利の上限が低い利息制限法を無視しても違法ではなかったからです。
出資法に違反をすれば、業者は違法とみなされて、営業的にも罰則が与えられるでしょう。
しかし、それでも、金利の上限が高い出資法を適用していたのです。
業者は出資法をしっかりと守ってさえいれば、高い金利で商売をしても許されていたからです。
このような状況は、いつまでも続くはずはありません。何のための利息制限法なのか?と怒りの声も上がったでしょう。
裁判所は、利息制限法の弱点を改めてくれたのです。
それにしても政治家が決めた法律とは言え、人々の役に立たなかった利息制限法ですが、リニューアルされた訳です。
結局、利息制限法で定まっている金利の上限を超えた支払は、返還請求ができる事となり、
利息制限法は、魅力的な法律になったわけです。
過去、出資法で勢いづいていた金融業者も、新しい利息制限法によって、懲らしめられた気分がしている事でしょう。
過払い請求を起こして、逆転している時代となりました。
出資法と過去の利息制限法のグレーゾーンで美味しい想いをしていた業者は、今、そのツケが回ってきたと言えますね。
非人道的な事が許されてはいけないものです。儲けの為に人を泣かせて良いはずはありませんからね。
あぁ・・まだモヤモヤするのは、どうしても出資法と利息制限法は必要なのか?と言う答えが出ないからなのだろうなぁ・。

Copyright(c) 2014 過払い金の返済請求ナビ All Rights Reserved.